スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『真夜中の電話にはご注意を!』 3

最新!防犯機器特集

オカルト探偵倶楽部表紙1 


『真夜中の電話にはご注意を!』
 
 
 

 洋平と麻美がそんな他愛のない話をしていた時、行き付けのカラオケ店では一騒動が起きていた。店の奥にある従業員用のロッカーの一つから多量の血痕が発見されたのだ。そのロッカーはそれなりに大きな物で、小柄な人なら立ったままで入ることが出来る程だ。

血痕が発見されたのは数あるロッカーの中で丁度真ん中にあたるロッカーで、今は誰も使用していない。

 下の隙間から何か赤黒いものが染み出しているというので、中を開けてみると、多量の血痕があったという。その血痕はまだ凝固しておらず。それ程時間が経過した状態では無い様だった。警察に連絡しようか迷ったが、人の血かどうかも判らないし、誰かの悪戯かもしれない。取り敢えず従業員とアルバイトを集めて心当たりを確認することにした。お客もいるので半々に分かれて見聞することにする。

 全ての人から話を聞き終わった時には、午後十時を回っていた。たいした情報も得られず、悪戯にしても余りにも性質が悪いので警察に連絡することにする。

 正にその時洋平と麻美が店に訪れた。

「神崎君、中山さん」

 店長は二人に気付くと、少し硬い表情で声を掛けてくれた。行きつけの店だけあって、二人とも名前を覚えられている。

 洋平が不穏な空気を感じたのか、

「何かあったんですか?いつもと雰囲気が違うようですけど」

「いや。ちょっとね」

 視線を逸らし包帯を巻いた左手首を擦りながら答える店長は。少し挙動不審にも見える。

「店長、緑さんと最近会いました?」

「いいや!会ってないけどどうかしたの?」

「緑さん、今行方が分からなくなっているらしくて捜索願が出されているんです」

「捜索願?」

「それで仲間内で探しているんですけど、彼女ここによく来ているみたいだから、ひょっとしたら何か知っていかなと思って」

 店長は腕を組んで考えていたが、何も思いあたらないのかしきりに首を傾げている。その時洋平は店長の左手首の包帯に血がうっすらと滲んでいるのが見えた。

「その手どうしたんですか?」

 店長は我に返ると、左手を隠すように抱え込み。

「ちょっとキッチンの角に引っかけたときに切れてね・・・」

 

 深く追求せずに話題を変えようと思った時、奥のロッカーから染み出る血痕が目に入った。それを覗き込もうとカウンター越しに身体を乗り出そうとした時、」店長が洋平の肩を押し返した。

「何ですかあれ?」

「何でもないんだ、ちょっとした悪戯だよ」

 肩を押し返す動作で目の前に店長の左手首の包帯が視界に大きく入ってきた。その包帯に焦点が合った時、そこから何か得体のしれない感覚が伝わってきた。

脳裏に何か突き刺さる様な感覚が走る。洋平は後頭部を押さえてその場にうずくまった。

「どうしたの?」

 麻美が後から抱え込むように肩を支えた。

「頭が痛い・・・!」

 尚も苦しそうに頭を抱える。

「洋ちゃん・・・。洋ちゃん・・・。大丈夫?」

 洋平の突然の変調に麻美も冷静さを失っている。どうすることも出来ず洋平を後から抱き抱える様にしてじっとしていた。

 何秒、いや何分経っただろう。先程まで苦しそうにしていた洋平が何事も無かったかの様にすっと立ち上がった。抱き抱えるようにしがみついていた麻美も釣られる様に立ち上がる。

「洋ちゃん大丈夫?」

 心配そうな声で洋平の正面に回り、顔色を伺う。

「!!」

 その瞬間麻美の動きが止まった。

「どうかしたのか?」

 今までの苦痛が嘘の様にひき、逆に体全身から躍動感が漲っている。

「目が・・・」

 
 




4へ続く

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。