スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『幽体離脱はお好きですか?』 2

 
 
オカルト探偵俱楽部2 

『幽体離脱はお好きですか?』



 

 その頃神崎洋平は学食でいつもの日替わり定食を食べていた。土井秀樹とは専攻科が違うため昼食を一緒にとることは滅多に無い。中山麻美や千葉美樹についても同様だ。しかし今日は珍しく四人揃っている。

「なあ!今度の日曜、って言うか明後日海にでも行かない?」

向かいに座っている秀樹が左手で器用に箸を使いながら言った。

「今年は特に猛暑日が続いているし、いいかもな!」

洋平が食事を終え箸を置きながら答える。

「千葉さんと麻美も行くだろう!何か予定が入っているなら仕方ないけど」

「私は良いけど。・・・美樹はどうする?」

「私も大丈夫」

 美樹はそう言い洋平の方を見て、洋平と視線が合うと、慌てて目を逸らした。

 そんな様子を見ていた秀樹が、

「千葉は見るからにプロポーションが良さそうだから、当然ビキニだよな」

 と、美樹の洋平に対する気持ちを知ってか知らずか茶化すように言った。美樹の顔が少し赤くなる。

「貧相な麻美と比べると格段の差がありそうだな」

 洋平のその一言に、

“キラーン!!”

 麻美の瞳が鈍く輝いたかと思うと、洋平の後頭部に衝撃が走った。

“バッコーン!!”

 周りの人が何事かと振り返って見るほどのすさまじい音が学食内に響き渡る。

「痛ってぇ~!何するんだよ?」

 後頭部を押さえながら隣にいる麻美を睨みつける。麻美の手には何故か丸い食器が持たれていた。

「私のナイスプロポーションも知らないくせに」

「知ってるさ。十年前まで一緒に風呂に入ってたからな」

「あのねえ。十年前っていいたら小学生でしょ。あの頃と今と同じにしないでよね」

「同じだろ!俺には違って見えないけどな?・・・それに普通自分でナイスプロポーションとか言うか?」

「うっ」

 麻美が反論できないでいると。追い討ちをかけるように。

「そうか!人には絶対言ってもらえないから、自分で言うしかないんだ」

 その言葉に麻美の瞳が真紅に燃えた。再び右手が天に向かって高く上がる。今度は何も持っていないようだ。そのまま振り下ろされるかと思いきや。ふと、麻美の視線が洋平を通り越して数メートル先にいる一人の女性に移った。

「あっ。白河さん」

 その声に三人の視線が一斉に麻美の視線を追った。麻美は振り上げた右腕を下げる際、洋平の頭をたたくふりをして小さな声で「バーカ。」と呟いた。

 彼等の視線の先にいる目標の人物である白河緑もその視線に気付いたようだ。少し恥ずかしそうに小さく会釈しながら近づいてきた。

「何だか久し振りね」

 真っ先に麻美が声をかける。

「はい。あの時はありがとうございました」

 白河は深々と頭を下げた。彼女は半年ほど前にある事件に巻き込まれて、心身共に大きなダメージを受け、しばらくカウンセリングを受けていたのだ。

 今の彼女を見る限り、あの時の後遺症はすっかり良くなっている様だ。

「そうだ。白河さんも一緒に、明後日海に行かない?」

「えっ!」

 洋平の突然の誘いに少し戸惑った様な声をあげたが、しばらく考えるような仕草をすると、小さく頷いた。

 

 





3へ続く




        
にほんブログ村 小説ブログへ


関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう振られたくない! 魅力的な女性になるには
発言小町に「魅力がないから振られる?」という投稿が寄せられました。トピ主さんは30歳の女性。これまでに3人の男性と付き合い、すべて相手から振られてしまったとのこと、そして別...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。