スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」     第一章 「撮影会を始めます」 1

第一章 「撮影会を始めます」



 
 ここ早沖高校には、県立高校としては珍しい写真部がある。写真部といっても一般的に考えられている写真部ではなく、頭に“珍素材”という文字の付く、変わった珍しいものを専門に撮影する写真部だ。とはいっても一般的な写真も撮ることは撮るのだがそれがメインではない。
 部員数五人、これだけの人数で、かつ変わった被写体を撮る部活動をよく学校側が認めたものだと思うが、そこにはちょっとした理由がある。創部してまだ二年目になるのだが、この部活動の初代部長である中山圭介は実のところ本校きっての成績優秀者であり、全国模試でも一年の頃からダントツでトップの座を誇る博学多識な人物なのだ。だからと言って鼻に着くような態度をとるでもなく、出で立ちも至って普通だ。
 学校側としては世界でも上位に入るであろうと思われる生徒が二年生になったとき写真部を作りたいと申し出てきた。一年間の同好会活動の間、一度もトップの座から陥落することがなかったこともあり、希望通り写真部として認めざるを得なくなったのだ。写真部の創立である。
 当初四人での活動だったが、圭介が三年生になり、新入生が一人入部してきたので現在五人での活動となっている。
 部員数が五人以上になり部活動として認められると学校側から少ないながらも部費というものが支給される。そのこともあってか、いつもは校外や校内の変わった写真を撮って地域の写真展に応募したり、写真雑誌に投稿したりしていたのだが、今年は美術室を借りて普通にモデルの撮影会をすることになった。世間一般の写真部活動である。
撮影日は今年のゴールデンウィークが五月三日から四連休になるので、初日の五月三日に行うことで、スケジュールを立て準備を進めていた。
 そして今日がその日である。美術教師と美術部に許可を取り、午前中に準備、午後一時から撮影開始という段取りだ。
「でも、よく早川さんが許可してくれましたよね?」
 美術室の机を教室の後方に運びながら二年生部員の橋本悟志が、同じく机を運んでいた三年生の笹本由貴に語りかけた。
 早川というのは。本校においてマドンナ的存在で、容姿端麗という言葉がそのまま歩いているような三年生の一女生徒でフルネームを早川美穂という。すれ違う老若男女が思わず二度見してしまう程の美貌の持ち主だ。
「中山君がだいぶ粘ったみたいで、美穂の方が根負けしたみたい」
「そうなんですか? 部長がそんな事をするようには見えませんけど」
「彼、頭だけは良いからね、何だかんだと理屈を並べて説得したんじゃないかな?」
「確かに部長のあの頭の良さは異常ですよね!」
 そんな話をしながら部屋を片付けていると、
「モデルさん用のステージ借りてきました」
 美術室の前面ドアが開き、二年生の山本早苗が小さい台座のようなステージを抱えて入ってきた。小さいといっても約一畳ほどの大きさはある。その後ろに新入部員の長谷川真理恵が同じくステージの後方を支えるようにして立っている。
「お疲れ様!とりあえず入り口付近に置いておいて」
 部長の中山圭介が一眼のデジタルカメラをセッティングしながら労った。そして部員全員がそろったところで、
「笹本君、早川君は何時ごろ入ってくるのかな?」
「十二時半には来ると思うけど、……その笹本君と言うのやめない?」
 女性に対しては“さん”で呼ぶのが普通なのだろうが、圭介は誰に対しても君付けで呼ぶ、意識的に呼んでいるのか癖なのかわからないが、友達から見ると妙に他人行儀に聞こえる。
 圭介はそんな由貴の言葉を受け流して、
「今回初めてのモデル撮影だけど、時間も三時間程しかないし時間を有効に使わないと勿体ないから、早川君との打ち合わせは手短にして、できるだけ早く撮影に入れるようにしようと思う」
 四人の部員が小さく頷く、
「ポーズなんかは基本的には早川君に任せるけど、細かい指示は山本君にお願いするとして」
 早苗の方に視線を向けてそう言うと、早苗は大きく頷いた。早苗の撮影技術は、実家が写真館で、小さいころから父親の作業を見ていたからなのか良いものを持っている。県の写真展でも何度か入賞の経験があるらしい。
「既に十一時を回っているので、手際よく準備して早めの昼食を摂ろう」








第一章 「撮影会を始めます」はまだまだ続く。


次へ

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

はじめまして
はじめまして!このブログに書かれているようなソフトなオカルト系の話は好きです。何作か読ませてもらいました。恋愛も絡んでいて色々な意味でどきどきしながら読んでいますが、今回の話はこの先どういう展開になるのか楽しみです。
No title
有り難うございます。構想は出来ているのですが、文章の方が中々進まずゆっくりとしたペースで書いています。是非またお越し下さい。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。