スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」     第二章 「怪現象が起こりました」 3

第二章「怪現象が起こりました」  3



 翌朝、八時に起床した圭介は、昨夜確認した画像を整理して奇妙なものが写っていると思われるものをL版サイズの写真用紙に印刷していた。写真は全部で四枚、見落としもあったかもしれないが、それなりにはっきりと写っているものを選択して全景のものと、怪しい部分のアップを各々二枚ずつ印刷する。

 最後の一枚をプリンターが排出し終わった時、机脇に置いてあった携帯電話が着信を告げるメロディを発した。昨夜連絡先を交換したばかりの美穂からだった。

「はい、中山です」

『早川です』

 いつも冷静な物腰で話をすり美穂の声が少なからず上ずっているように感じた。

「おはよう!どうしたの、こんなに朝早くから?」

『中山君に相談したいことがあって』

「相談?」

『昨日の夜というか今朝方早くに変なことが起こったの。昨日の事もあるから何だか気になって』

「変なことって?」

 美穂はほんの数時間程前に起こった出来事を話始めた。目覚まし時計があり得ない体勢なっていて、一度は寝ぼけていたのだろうと思っていたが、先程目を覚ましたらまた同じ状態になっていたことや、最初に起こったと思われる時間、四時五十五分で時計が止まっていたこと。時計は止まっているのに朝の八時に目覚まし時計がセットした時間通りに鳴ったことなど掻い摘んで説明した。

『あと、ベッドの横に長い髪の毛が数本落ちているのを見つけたけど、私の髪あんなに長くないし家族にもいないはずだから何だか気持ちが悪くなってきちゃって』

 話を聞い終えた圭介は、

「ん~。よく解らないな。今から早川君の家に行ってもいいかい? 現場と状況を確認して起きたんだけど」

 普通、高校生が異性の家に行くということに多少の抵抗がある。ましてや親しくなって間もない間柄だとなおさらだと思うのだが、いまの圭介にはそんなことよりも起こった事象の方に興味がいっているようだ。

『えっ! い、いいけど私の家知ってるの?』

「いや、知らない。昨日別れたところまで行ったらまた連絡するよ」

 今までの経験上自宅の住所を教えるのに抵抗があったが、事情が事情だし気になり始めた人物ということもあり教えることにした。

「一応住所言っとくね。連絡貰ったらすぐに迎えに出るから」

 そういって、住所を教えると電話を切った。












前へ     最初から読む     次へ














 
関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。