スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」     第四章 「昔に何がありましたか」 3

selfimproveロゴ
今までのイラストや小説をホームページのにまとめました。是非こちらにもお越しください

 

第四章 「昔に何がありましたか」 3

  時を同じくして、その時の圭介は、もう一人の山本宅の前で立ち止まっていた。何度も地図と目の前の家を見返す。その家は数回訪れたことのある家だった。自宅兼店舗として建てられており、店舗の看板には『山本写真館』と書かれている。正にそこは写真部に所属している山本早苗の自宅だった。

 山本早苗から年の離れた兄がいるということを聞いたことはない。従兄か何かだろうか? 取り敢えず話を聞いてみようと店舗のドアに手を掛けた時、ポケットのスマホが小さく振動した。圭介は一旦引き返し少し離れた場所に移動すると電話を受ける。

『もしもし圭ちゃん、早川先輩が大変なの! 何だか急に錯乱状態になっちゃって、今は少し落ち着いたみたいだけどどうすればいいの?』

 一気にまくしたてるように話す真理恵に、

「分かった、落ち着いて、今どこにいる?」

「もう少しで図書館に着くところ、少し手前の自動販売機が並んでいるところの近く」

「わかった、直ぐ行く」

 圭介はその場から引き返し県立図書館の方に向かって走り始めた

 走りながら圭介は考えた。もう一人の山本が山本早苗の関係者であり、十五年前とはいえ早苗が事故の事を知らないはずはない。知っていて言わなかったのか?それとも本当に聞かされていなかったのか?奇しくも嫌なことは思い出したくないだろうし、話したくもないだろう。忘れてしまいたいというが人の心情というものだ。

 そんなことを考えながら真理恵と美穂のいる場所まであと少しというところまで来たところで、圭介は徐に立ち止まった。その場に立ち尽くし視点が現実世界を見ていない表情になる。脳がフル回転しているようだ。

(そうか! 早川君との接点は何もなかったんだ。接点があるのは山本君で三村さんは山本君に何かを訴えようとしていたんだ。)

 圭介はスマホと取り出し、先程訪ねた三村宅に電話をした。

「もしもし、先程お伺いした中山ですけど、少し探して頂きたいものが有るのですが……」

 圭介は要件を足早に告げると、電話を切ると再び真理恵達の居る場所に向かって走り始めた。

 しばらく行くと、真理恵に支えながらようやく立っている美穂が見えた。圭介が近づくと、美穂が顔を上げる。顔色もよくなっていて既に平常心を取り戻しているように見えた。

 圭介が二人の前まで来ると、美穂が少しふらつくような足取りで、真理恵から離れ圭介に抱きつくように躰を預けた。圭介がそれを受け止める。

 その姿を見ていた真理恵は、膨れっ面をしながらも、今回は仕方がないと自分に言い聞かせていた。

 


第四章「昔に何がありましたか」 3 完



前へ     最初から読む     次へ    



幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」 

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。