スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

退院(数学に挑戦)

無事退院しました。まだ2つ程膵石が残っていますが、時間をかけて追々砕石していきます。次は9月になる予定です。

入院していた時、あるブログにお世話になりました。それは

☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆

というブログで難しいですが解けるとすっきりする問題が多く、ない頭を駆使して挑戦していました。(殆ど解けませんでしたが)

(mm2445様勝手に紹介させていただきました。事後報告となりますがご了承頂ければ幸いです。)

この部ロブの問題は本当に面白いです。頭の体操を通り越していますが、脳を使っている感じがとてもいいです。是非調味のある方は挑戦してみてください。


ではまた!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

先天性膵臓奇形!

明後日より約一か月間の入院生活に入ります。

またしても膵臓に大きな膵石ができてしまいそれを取り除く処置をします。今回はかなり大きくなっているようで少し時間が掛かりそうです。

ここのところ一年に一回膵石で翠炎になり入退院を繰り返していますが、私の膵臓自体が先天的奇形であるらしく膵石ができやすいようです。

今まで気にしていなかった事が突然起こり、戸惑っていますができるだけ早く退院して普通の生活に戻りたいと思います。

入院中は暇なので小説の続きとか書ければいいなと密かに思っています。



それでは!

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リアルイラストに再挑戦!

 
selfimproveロゴ
今までのイラストや小説をHPにまとめました。是非こちらにもお越しください

リアルイラスト2016-1

暫く振りにリアルイラストに挑戦してみました。

ところで熊本の空き巣被害、被災して厳しい状況の中でそんなことを平気でできる日本人がいると思うと情けなく感じます。ましてや51歳の分別もあるであろうおっさんが・・・・・・日本の治安もどこまで信用していいのやら。

とはいっても9割9分の日本人は分別のある常識的で優しい人柄だと思うので大丈夫意だと思いますが、残り1分の非常識な輩の処分は厳罰にすべきだと思います。

過激な発言ですみません。

ではまた!




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夜の室内で。

 
selfimproveロゴ
今までのイラストや小説をHPにまとめました。是非こちらにもお越しください

ねえ!  


  暫く振りの更新です。今年に入って膵臓の方が芳しくなく、安静療法をとっておりました。少し落ち着いてきたので、何も考えず黙々と作業できるイラストを久しぶりに描きました。

 少しずつ暖かくなってきて、こちらの方では桜も満開になってきているようです。花見の季節ですね!

ではまた!




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」     第五章 「これで解決ですか?」 3

ご無沙汰しておりました。取り敢えず「幼馴染は婚約者~写真部怪奇事件~の続きを少しばかり載せます。
selfimproveロゴ
今までのイラストや小説をホームページのにまとめました。是非こちらにもお越しください


 




第五章 「これで解決ですか?」 3



 午前六時、既に明るくなっている空は、雲一つない晴天から気持ちの良い光を注がせていた。
 机でうつ伏せに蹲るように眠っていた圭介は、カーテンから漏れる明かりで目を覚ました。目を擦りながら躰を起こすと、大きく伸びをしてベッドで眠っている美穂に目を向ける。今は気持ちよく眠っているようだ。深夜の状態とは打って変わって安らかな寝息をたてている。若い女性の寝顔を見るものどうかと思い視線を放したとき、部屋のドアがノックと共に開いた。
「やっぱり、早川先輩ここにいたんだ! 目が覚めた時部屋にいなかったからひょっとしたらと思ったけど……。どうして圭ちゃんのベッドで寝てるの?」
 一瞬躰を仰け反らせて、驚いたような顔をしていたが、
「おはよう、真理恵! そう目くじら立てないでこれから説明するから」
 落ち着いた圭介の対応に、
「お、おはよう」
 バツが悪そうに返事を返した。ゆっくりと圭介の方に近寄ると、圭介は椅子方立ち上がり真理恵に席を譲る。真理恵が座ると、その正面に立ち昨夜の出来事を話し始めた。美穂が圭介のベッドに寄り添うように入ってきたことは省き、少しばかり改ざんした内容で話す。
十五年前の美術室の事故に酷似した夢を見たこと、その時落下した女性が自分だったこと、その無残な姿を別の自分が見ていたということ、そして全身が震えていて意識が呆然としていたことなどを掻い摘んで話した。
「だから取り敢えずここに横になってもらっているというわけ。別に早川君と何があったというわけではないから心配しなくてもいいよ」
 そう話を締め括ったが、真理恵にとっては納得できる話ではなかった。圭介を信じていないわけではないが、美穂の行動に警戒の念が沸き起こってしまう。
 早くこの事件を解決して、圭介と美穂の距離を遠ざけなければと思っていた。今日がゴールデンウィーク最後の休みだ、出来ることなら今日中に何とかしたいと思う真理恵だった。


 

 


第五章 「これで解決ですか?」 3  完
「これで解決ですか?」4に続く





前へ     最初から読む     次へ    



幼馴染は婚約者 「写真部怪奇事件」 






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。少しでも気に入っていただければ下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。